手厥陰心包経

手厥陰心包経の臨床応用

一、気血流注

起:胸中の天池に起こり
絡:心包に属し(ぞくし)、横隔膜を貫(つらぬ)いて三焦を絡(まと)う
分:本経:胸を巡って、腋窩、上腕、前腕の前面、手掌を通る、中指先端中央の中衝に終わり。支経:手掌の中央から、四指の内側に至り、手少陽三焦経につながる。

手厥陰心包経動マン

【五要穴】

本穴:労宮、募穴:巨闕、絡穴:内関、郄穴:郄門、
中衝(井木)
労宮(栄火)
大陵(兪土)
間使(経金)
曲沢(合水)

二、生理作用 手厥陰心包経は陰気が少ない経脈である、本経絡は天池穴が胸中にあり、上、中、下三焦を繋がるため、心肺、胃脾、膀胱、腎と関る。心、神志、胃脾、などに作用される。

三、中医臨床症状応用

主な症状は経絡には:胸脇帳満、腋窩腫れ、上腕、肘固縮伸展困難、手掌熱感

蔵相には:イライラ、動悸(どうき)、心胸痛、面赤、目黄、喜笑不止

実の場合:心胸痛、

虚の場合:心胸煩躁

四、個人的臨床に使う穴

  • 中衝:中風昏睡、熱中症、失神、舌硬くて喋られない、手掌熱、イライラ
  • 労宮:中風昏睡、熱中症、癲癇、口(こう)瘡(そう)
  • 大陵:心痛、動悸、胃痛嘔吐、上腕関節痛、頭痛失眠
  • 内関:心胸痛、胃痛嘔吐
  • 天池:心胸痛

その他:

♦大陵:ⅰ心火過旺、失眠(しつみん)多夢(たむ)、口臭(こうしゅう)、ⅱ胃火過旺、消化不良、便秘、口臭(商陽を加え)
♦労宮、内関:心神病、胃痛
♦鍼で内関透外関、お灸で公孫と然谷:心病にて持病の頭痛

戻る↵