手少陽三焦経

臨床応用

一、気血流注

起:関衝に起こり
絡:前腕、上腕後面を上がり、肩に上がって胆経を交わり、鎖骨上窩に入り、胸中に広がり、 心包をまとい、横隔膜を貫いて、三焦に属する。
分:本経:鎖骨上窩に戻って耳の後部よりめぐって、目の下に至る、
支経:耳の下方から外診眼角に至り、足少陽胆経に繋がる、

    手少陽三焦経動マン

【五要穴】 本穴:支溝、原穴:陽池、募穴:石門、絡穴:外関、郄穴:会宗、

 関衝(井金)
液門(栄水)
中渚(兪木)
支溝(経火)
天井(合土)

二、生理作用 後天から得られた気血を全身に配布し、水分代謝を円滑に行わせる一連の機能である、 上、中,下三焦に分かれる。 上焦:心肺、後天の陽性の衛気を全身に配布して、皮膚を潤し、体毛に栄養を与える、体熱を産生し、体温を調整の働きもあります。 中焦:胃脾、後天の営気を全身に巡って、特に消化吸収に関わります。 下焦:腎膀胱経、糟粕に含まれる水分を分離して一分を腎によって不要な水分を最後に膀胱に浸み込ませる、もう一分が小腸から大腸まで、蒸発して肺に至る。

三、臨床症状

少阳三焦と足太陽膀胱経は委陽穴に脈気合流して繋がります。
主な症状:外経ー耳鳴り、難聴、外眼角の周辺腫痛、咽頭痛、肩及び上腕後外部痛、

     内蔵―腹部脹痛、小便不通,浮腫み、遺尿、トイレ近い。

四、個人的臨床に使う穴
陽池:肩、上腕痛、難聴、耳鳴り、咽頭痛、

・外関:熱病、頭痛、肘関節が伸展、屈曲困難、前腕、手が震える、手指疼痛、

・支溝:寝違え、

・肩髃:中風、風疹

・中渚:生理不順、更年期障害

その他:
「黄帝内経」には三焦が水道である、心肺、胃脾、腎膀胱、小腸、大腸など全身に繋がり、各臓器を調整したりしていますので、詰まる所があれば、頭痛、五心煩燥になりやすい。特に、詰まりやすいツボは
鍼灸=>四瀆、消濼;鍼刺=>角孫、翳風。
上焦には膻中、中焦には中脘、下焦には関元。
外関と陽交と足臨泣(陽維脈と帯脈):男性陽虚には効果ある。

戻る↵