手陽明大腸経

臨床応用

一、気血流注:

起:商陽に起こり、

絡:大椎穴に至って諸経と合流して、次にグルッと首を回って、下って鎖骨上窩欫盆を経て下行し、肺を絡い、下って膈を貫き大腸に属する。

分:欫盆穴より別れて、さらに上にのぼって行き、頚部を通って、頬→下歯中→左右に分かれて口を挟み、鼻下の人中に交わり、左右交叉して、鼻孔を挟んで迎香穴に終わる。迎香穴から足陽明胃経の承泣と交わります。

手陽明大腸経動マン

【五要穴】
本穴:商陽、原穴:合谷、募穴:天枢、絡穴:偏歴、郄穴:温溜、

 
商陽(井金穴)
二間(榮水穴)
三間(兪木穴)   
陽谿(経火穴)   
曲池(合土穴) 

 

 

  

二、生理作用
大腸は上が回盲部に接し、結腸と直腸を含め、下にS腸、直腸と肛門に接する。
私達が食べたものは、丸一日かけてじっくりウンチになって行きます。
小腸で栄養分が吸収され、その残りカスが大腸に運ばれて、通過しながら水分が吸収されます。
大腸は糟粕を伝送して排泄する。 燥熱、津液の不足により便秘、寒湿、熱湿なら泥便か下痢になりやすい。
重要なのは、通過の速度。早ければ、柔らかウンチ、遅く排泄すると、便秘の要因です。

三、臨床症状
東洋医学的に考えても、今の西洋医学での大腸と大きな違いはありません。しかし、東洋医学では大腸は肺と密接にかかわって、互いに表裏をなすと考えられています。大腸に障害があるものは皮膚疾患が多いのが特徴です。大腸の疾患で痔を肺経の孔最ツボで治すこともあります。臨床上にほぼ毎日使う大事な経絡です。特に合穴の曲池穴は非常に重要なツボです。合穴は「逆気泄之」といわれていて、大腸の働きを整えることができます。便秘、下痢などの大腸と関連な症状に対して効果があります。経絡は流注は肩の周囲に通るし、下顎、上顎、鼻の両サイドにも通るから、以下の症状には効きます。

 

1、肩部疾患:外側外転困難は大腸経、
       片手で髪をとかして困難は三焦経、
       後ろにエプロンを結ばない時に、小腸経が問題あるかもしれません。

2、皮膚病、

3、実症:歯が痛い、耳鳴り

4、虚証:歯が寒い

四、個人的臨床に使う穴

開四関調真気、左右四つの大気穴(合谷、太衝)-→痛めとめ、消炎 。
大腸と表裏関係にあることにより、手太陰肺経の疾患である皮膚疾患を大腸経の肩髃・曲池・手三里・合谷などのツボをよく使います。

① 肩関節外転障害、首コリ肩髃、曲池、手三里、合谷
② 眼疾患:池と巨骨
③ 血圧、頭痛、歯痛、顔面の疾患: 合谷、偏歴と温溜
④ 全身に消炎鎮痛穴: 曲池と曲泉
⑤ 美容、油性顔面: 合谷と足三里
⑥ 捻挫、ぎっくり腰、五十肩、寝違い手三里と腕骨及び合谷
⑦ 風邪予防:大椎、缺盆




戻る↵