立冬

立冬 ㋊㏦~㋊㏴

ここから冬の始まりです。
冬と言っても日本では実りの頃で、秋たけなわです。

好天に恵まれ、澄んだ青空に紅葉が映える頃です。

山茶花や水仙の花が開き始める頃です。


こころがけること

秋が冬を生むとも考えられます。

冬は老化と関係した季節です。老化防止には、まずゆっくり休むことです。10分程度のお昼寝でも午後の能率向上に繋がります。積極的に滋養強壮の食材を摂ったり、ゆっくり寝て体力を温存します。冬は早寝遅起きがポイントです。

夜間の排尿回数が増えたり、残尿感があったりなど尿の問題が起こりがちです。こういった症状を持った方はこの時期からの冷え対策が必要です。

体質管理 

この時期には首の保温はとっても大事です、特に首の後ろに大椎というツボは、経絡の流れの中で最も大切な十二正経の部位にあたります。全身を巡る五臓六腑経脈(気血の流れ)すべてが通るので非常に重要なのです。この部分を温めることで流れがよくなります。
流れを良くするために、ツボによってお灸を据えたり、全身マッサージしたりするのがおすすめです。

不妊症で悩んでいる方は大切な時期です。性機能だけではなく、種になって次の生を待つにはこの季節が重要なのです。

自然の老化による老衰は肺と腎が弱り、死に至るのです。芽吹きから木は繁茂し、実りの秋の後は種となって生命をいったん止めてしまいます。種はやがて次の花を咲かせますが、人間はここで魂になってしまいます。次の芽吹きを迎えるためには、食事の養生や改善が必要です。

摂るべきもの

女性はまず子宮を丈夫にするため、土用によい食材であるかぼちゃやニンジンなどをしっかり食べて、まず貧血をなくします。そして気血の流れをよくするような適度な運動をしたり、骨盤の働きを正すためにストレッチをします。さらにスッポンやうなぎなどの精の付く食材を多めに食べます。この改善の順番も大切です。
レンコンは、喘息の改善に効果があります。痰を切り、炎症を抑えるのには優れていますが、冷え性の方にはおすすめできません。しかし、現代人は夜更かしや氷、冷たいものの過食によって陰虚(芯は冷えているのに外に火照りがあって皮膚炎などになる)の人が多く、この虚熱をとるにはレンコンが向いています。老化防止効果もあります。涼血作用もあるので血液の浄化や解毒や利尿、腫れ物改善をします。
冬の養生鍋:⓵ 油少し、長ネギ、生姜、ニンニク各5gを炒め、
      ② 400g豆乳、白菜1/4、豆腐200g、昆布40g、冬の養生鍋完成です。

前に戻す