立夏

立夏 5月5日~5月20日

夏が近づいてきて、新緑がまぶしく、爽やかな風が吹く五月晴れの季節。


端午の節句やこいのぼり、菖蒲の湯に入り、柏餅を食べる時期です。

緑も濃く、心地いい陽気でとても過ごしやすい季節です。田んぼに水が入り蛙が泣き始めます。

こころがけること


この時期が最も紫外線が強くなる季節です。紫外線予防をする同時に、骨を丈夫にするため、一日一回太陽の光にあたったほうが良いでしょう。
夏には日の出日の沈むとともに早寝早起きが肝心です。成長ホルモンは子午流注によって、21時から3時前に分泌さるので、遅くとも11時前には寝るようにしましょう。

冬に育み、春には芽吹いた活動を形に表します。初夏に入ると、できることはおもいっきりやってください。今がピークの時期なので力を出し切るべきです。

体質管理

立夏を迎えると心臓の働きが活発になり、動悸が起きやすくなります。
この場合、東洋医学では補血といい、体の栄養を高め潤いが必要になります。頭のふらつきや物忘れも多くなります。頭にもしっかり栄養が届くように栄養価の高い食事を心がけましょう。

この時期には小腸の動きも活発になります。下腹部にある関元のツボ(丹田ともいいます)をお灸とマッサージをお勧めです。(鼻から息を吸って、口から吐く)丹田に力を入れておもいっきり息を吐いてください。意識して呼吸を繰り返します。丹田呼吸をすれば、精気がみなぎってきます。

撮るべきもの

この時期は赤い食べ物がおすすめです。クコの実は栄養価も高く、誰が食べても元気が出る食材です。お茶の中に入れて最後は実も食べるようにしてください。
エビは体が温まる作用があります。
その他にも、煮物、炒め物なんにでも入れて食べてみてください。決して味を邪魔する食材ではないので無理なく食べることができると思います。

トマトは夏にピッタリの食材です。暑がりや高血圧の人に良いでしょう。トマトは涼血作用があるので酒のつまみにしても良いでしょう。
トマトのリコピンやβカロチンはシミ、しわ、ダイエットなど美容にも有効です。

前に戻す