立春

立春 ㋁4日~㋁18日

「立」には始まる意味があります。
『冬来りなば春遠からじと』と言いますが。
梅のつぼみの膨らみ、しばらく、梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが。
旧暦では、この季節から新年が始まります。

立春を過ぎて最初に吹く南寄りの強い風を春一番といいます。
太陽が東から昇るように、新年の訪れも東から始まります。

心がけること

春は青春という言葉があるように、春は青と関係が深いので、青色の食べ物にするといいでしょう。

春はなんでも始まりが肝心です。冬の間に充分に養生をして、春の始まりとともに、駆け出していくのです。冬に蓄えたエネルギーを解き放ちましょう。

体調管理

また、この時期は東洋医学の「怒り」の感情が高ぶると病に陥りやすい時期とされているためストレスには要注意です。自分が落ち着く場所にいきましょう、心を平穏に保つことが大切です。

摂るべきもの

ニラはこの時期に特に効果的な食材です。五行は肝木・腎水に属し、リラックスの効果があります。温性で辛味があり、陽気を補う作用があるので、冷え性や血の巡りの悪い人に特に良いのです。腫物や充血、不眠症にも効果があります。卵もこの時期によい食材です。ですから、ニラ玉は、春のストレッチ改善に抜群に効果がある料理です。ニラは冬から春にかけて葉が厚くてやわらかくなり、最も食べごろになります。

ふきのとうは、五行では肝木に属し、平性です。雪解けの間から顔を出す、春一番の食材です。この苦みは心臓によく、めきめき血の巡りをよくしていきます。春の目覚めの強心作用と夏の心筋梗塞や狭心症の予防になります。春の山菜はどれも苦みがありますが、加齢とともに弱った心臓を丈夫にするには苦みが必要なのです。

前に戻す