足厥陰肝経

臨床応用

一、気血流注

起:足の第一趾外側端にある大敦から起きる。 絡:足背、内果の前、下肢の内側に脾経と交わり、膝窩内側、大腿内側に沿って、陰毛の中  に入り、生殖器を巡って、側腹部を上がり、胃を挟んで肝に属し、胆を絡う。 分:期門からさらに横隔膜を貫いて、食道、気管、咽頭、目(眼球、視神経)に連なり、額にでて、百会で督脈と交わる。         

足厥陰肝経動マン

 

【五要穴】

本穴:大敦、募穴:期門、絡穴:蠡溝、郄穴:大都、

大敦(井木)
行間(栄火)
太衝(兪土)
中封(経金)
曲泉(合水)

 

 

 

 

二、生理作用
肝は、臓血、疏泄を主る、筋、目を支配する、つまり、高揚と通暢である、この働きによって、肝の気血が円滑に、伸びやかに、隅々まで行き渡ります。 肝鬱になると、気血が詰り、精神も鬱になりやすい、イライラして怒りっぽいなどの症状が出てくるし、胆汁の分泌が悪いから、胃脾の消化に助けられなくて、胃脾の病となる。

視力低下、筋肉が萎縮などの症状も出てくる。

肝経、衝脈、任脈三つとも女子胞から起きるから、女性の生殖機能に密接な関係がありますので、生理、不妊には考量しなければならない経絡である。           

 

三、中医臨床症状応用
主な症状は伸展、屈曲不能な腰痛、胸脇帳満、下腹疼痛、疝気、咽頭乾燥、口内苦い、めまい、イライラ、怒り抑えりにくくなる。下肢のふらつき、五心煩燥、生理不順。不眠多夢など。

実症:肝気鬱滞、肝火上炎

虚症:肝陰虚、肝血虚、肝陽亢進(陰虚の陽亢)

四、個人的臨床に使う穴

・曲泉:合水穴で筋肉萎縮にはとても大事なツボである。

・大敦:お灸で疝気、生理多量、閉経、更年期障害など

・行間:栄火穴、亢進の場合、このつぼを鍼灸瀉法で、面熱目赤、燥咳失眠、五心煩燥などの症状には効果ある、陰部掻痒、小便熱痛、生殖器熱証も有効である。

・太衝:実、虚両証有効なツボである。清熱解毒、志定安神。生理不順、陽萎遺精、ウツなど

・中封:封藏するため、腎藏精、肝藏血。固摂作用がある。 お灸、推拿で太衝から中封までの補法手法じゃなければだめです。

 

acupuncture02子午流注の肝経:
東洋医学子午流注は23時~1時の間は胆経、1時~3時の間は肝経の時間である、肝は臓血の機能があり、この時間に横になってゆっくり休んで全身の血液が肝に戻って、心身ともにリセットされ、逆に、胆と肝の調子が悪くて深夜なのに眠らなくなる。  日本の文化の中に居眠りが含まっている。電車の中で寝ている方もよく見える。なのに、世界中に睡眠時間がとっても少ない。睡眠不足のリスクは西洋医学には考慮して疲れになりやすい、疲労回復は遅くなるなど。東洋医学では、深夜なのに、よく睡眠をとれなくて、胆、肝に負担かかりますので、最後に肝に関り病気になりやすいので、とっもて大事なことです。

戻る↵