足少陽胆経

臨床応用

一、気血流注

起:外眼角瞳子髎に起こり
絡:外眼角から大迎へ下がり、三焦経に交わり、鎖骨上窩に巡って、胸中に入り、横隔膜を貫いて、肝を絡う、胆に属する。
分:本経:側腹部→鼠径部にでて、陰毛をめぐる。     
  支経:鎖骨上窩より、腋窩に下り、環跳で本経と合流する。
  大腿外側→膝外側→腓骨の前を下がり、丘墟を出て第四趾外側端の足竅陰に至る。
  足背で別れた支脈は、第一趾に至り、足厥陰肝経に繋がる    

 

足少陽胆経動

 

 【五要穴】

本穴:足臨泣、原穴:丘墟、募穴:日月、絡穴:光明、郄穴:外丘、

足竅陰(井金)
侠 谿(栄水)
足臨泣(兪木)
陽 輔(経火)
陽陵泉(合土)

 

 

二、生理作用 胆の生理機能は、肝の疏泄機能により調整されている。
子午流注によって、肝経の活動は1~3時であり、深夜12~1時の間に、胆は精汁(胆汁)を流して、胃脾の消化吸収の働きを助けている。中焦の胃脾は湿熱があるなら、肝胆には影響されますので。悪心、嘔吐、口苦などの症状が現れる。
肝者、将軍の官、謀慮出る、胆者、中正の官、決断出る、胆気が虚になると、不安感が強くなったり、物に驚きやすくなったりする。

三、臨床症状

足少陽胆経は陰気から陽気が始めの経絡ですから、発熱病を治療の一番有効な経絡である。 つながる臓器は、胆、肝横隔膜、耳、目、咽頭。 主な症状:外経ー偏頭痛、外眼角の周辺腫痛、腋窩痛、胸脇外部痛、膝外側痛、      内蔵―腹部脹痛、小便不通,浮腫み、遺尿、トイレ近い。      内脏—寒熱、口苦,肝胆、神経などの疾患。 胆経は外眼角の瞳子髎から足の第四趾足竅陰まで、全身を通るから、それに幅広く移動する腋窩の淵腋→前腹部の日月→側腹部の京門→下腹部の維道→臀部の環跳の間に女性には、この経絡が不通になると、とても怖いことになる! 額や目じりシワが増えるし、髪もよく抜きますし、しらげもふえるのも気がします。 外側腰部、臀部、下腹部、大腿部脂肪がたまりやすくなる。つまり、上下細い、真ん中太くなる。

四、個人的臨床に使う穴

・聴会:耳鳴り、難聴、顔面麻痺
・本神:頭痛、眩暈、癲癇、頚項凝り、半身不随
・目窓:遠視、近視、顔面浮腫み
・脳空:頭痛、首コリ、癲癇、熱病
・風池:中風、風邪
・肩井:もちろん肩にも効く、乳痛、難産にも使うツボ、

その他:

  • 阳陵泉:半身不随、下肢麻痺、膝腫れ痛い、脇痛、口苦い、黄疸、嘔吐など。
  • 陽 交:胸満脹痛。
  • 外 丘:頚項凝り。
  • 光 明:目痛、夜盲、乳房脹痛。
  • 足臨泣:偏頭痛、眩暈、中風半身不随、乳房腫痛