医食同源

病気を予防し、健康に過ごすには、正しい食事をしなければならないという思想は、古くから多くの文化圏にあったのである。
料理法をレシピと言うのは、西洋の世界では元々「処方箋」「調理法」「秘訣」などという意味である。
食べることは医療に通じるという考えは医食同源で表現されるが、食べ物と健康、疾病とは密接な関係があるという考えは、中国の伝統的医学は陰陽五行説によって体系化されている。

五行はあくまでも病態、薬草、食材の大まかな「寒・熱」などの性質を細かく分類して調理する。重要なのは、薬草や食材の薬理であり効用なのだ。それもまた別の意味で豊かで多様な食生活と言えるかも知れない。
温→寒までの寒熱分類は、漢方独特のものである。食物や薬草を体に取り込んだ時それを熱の概念で捉える考え方である。
生姜を食べるとその辛味成分により血管が拡張し体温が上がる、冷えを伴う病証や温熱発生の低下した人の場合大いに貢献してくれるだろう。しかし炎症など、熱があれば逆効果となる、熱の時は寒性の薬草を服用することで、その熱を低下させる。また同じ薬性のものでも熱くして摂取するのと冷たくして摂取するのとでは、寒熱比も違ってくる。

陰陽五行説ではすべての食物を五穀、五果、五畜、五菜、五味(酸味・苦味・甘味・辛味・碱味)、五色(青・赤・黄・白・黒)に分類し、病気に応じて効果のあるものを選択して食べるのである。この病気にはこの食物を与えるなど細かく定めている。いかなる季節に、いかなる食物を食べるべきか、あるいは、この五要素の働きが平衡状態にあるとき人間は健康であり、不均衡になると病気が生じると考えるのである。そして、このアンバランスが身体に蓄積した不健康状態から回復するには、食事療法をするのがもっとも有効であり、薬草はその補助手段であると考えられていた。

中国文化の影響を強く受けた朝鮮にも、五穀と五種の野菜は人を養う薬であり、日々少なめに食すべしという食時五戒がある。中国で発達した本草学では、自然界にあるすべてのものについて人体に対する薬理作用が研究されていた。そのため古来より「食べるもので病気を予防し、健康維持をしていこう」と、食事のバランスを大切にする文化が育まれてきました。 代表的な主食はお米。スープやメインのおかず、キムチなどの副菜をつけた献立が一般的です。韓国のレストランでは料理を注文すると、注文したもののほかに、異なる5つの食材、5種類の味が含まれているキムチやナムルなどの小鉢もたくさん並べられます。

 
近年、日本で流行している薬膳料理は、これらの中国の伝統医学、生薬医学に基づいた食養生料理である。薬膳料理の基本は体を温める食物と冷やす食物の使い分けである。例えば、風邪をひいて寒気や悪寒を伴うときは、血液循環や栄養成分の吸収を促す温熱性食物である甘酒粥や生姜と干しエビの粥がよく、高熱があるならば、鎮静、消炎作用のある寒冷性食物である大根と干し貝柱の粥、あるいは春菊と菊の花の粥が効くという。