足太陰脾経

臨床応用


一、気血流注

:隠白、

:脛骨を上って陰陵泉穴で足の厥陰肝経と交叉、だから、陰陵泉透過陽陵泉にして肝経絡に繋がる。
        大腿内側を上り鼡径部の衝門穴より腹に入り、関元穴で任脈と会し
        (任脈、衝脈合流して婦人科治療するのはと  てもいい処方)、
         腹中に入り、中脘穴、脾に属し胃を絡う。(任脈と関り)
:中脘穴より別れて横隔膜を貫き、咽頭より舌根から舌下に散じる。
        手少陰心経に連なる。          

 

                    足太陰脾経動マン

 

【五要穴】

本穴:太白、募穴:章門、絡穴:公孫、郄穴:地機、

 

陰白 (井木)
大都 (栄火)
太白 (兪土)
商丘 (経金)
陰陵泉(合水)

 

 

 

 

 

二、生理作用
脾は腹中に在り、(下腹をコントロールすること、水)胃と互いに表裏をなす。脾は肌肉を主り、口に開竅して舌体に連なる。脾は運化を司り、水穀の精微を全身に輪布して生命活動の源とする。

益気統血し、五臓、六腑、四肢、百骸と肌肉を営養する機能がある(目の下に水が溜まる)。 脾経と言えば、肝経と腎経が女性の生殖機能に関りがあります。三陰交など不妊治療には大事なツボです。

このように脾と胃は表裏関係にあるといわれています。そのため、消化不良や食欲不振などの胃疾患の場合に脾経に反応が出てくることも少なくありません。この際は反応の出ている脾経の経穴を処理すると胃疾患を改善することができます。

三、臨床症状
脾気不好:脾の気は虚の場合、短気、イライラ、あるいは、肝之木に克

脾は運化、昇清、統血などの機能がある。

妊娠中に食欲不振なら、脾虚になり、脾が血を統血するから、気旺血衰、早産児になりやすい。食事とか、日常生活からの改善しなければならないよとよく患者さんに指導するから、東洋医学では、味が濃いと血に入る、味が薄いと気に入る、血には脾、気には胃、例えば、珈琲がブラック濃く飲むと、脾、血に入る、肝は酸木克脾の甘土
虚……体重節痛、全身無力感、胸息切れ、食欲なし、心窩部痛、腹痛、下痢、便秘、尿閉、 舌の強ばり、顔や手足のむくみなど、

実……糖尿病、

四、個人的臨床に使う穴
①婦人科疾患:三陰交、公孫、陰陵泉 ②瘀血   :血海、(解穴:梁丘下1寸、手の少陰心経の少府) ③胃腸急疾患:大都、地機、公孫 ④肝、脾、腎:三陰交穴、公孫、陰陵泉 ⑤消化と吸収 : 大白、

その他:個人的、脾経が水だから、灸薄い、鍼深い。補、瀉法とも鍼のすぐ傍、順方にお灸を据える、子午流注によって9-11の時に、本穴太白の下は子穴公孫を逆に鍼灸して、浮腫み解消。

  • 心、胸、胃 : 公孫―内関
  • 下腹部腫脹:公孫と任脈を温める上にお灸を据える
  • 生理痛  :商丘、三陰交
  • 肝機能障害:流注の関係によって陰陵泉透陽陵泉、三陰交、陰白
  • 睡眠三毛灸:陰白と大敦の間にお灸を据える、陰白も
  • 浮腫み解消:天、地、人の三皇穴(陰陵泉、地機、三陰交)

戻る↵