足太陽膀胱経

臨床応用

 

一、気血流注

起:内眼角睛明に起こり
絡:前頭部上がり、百会で左右が交わる、耳の上に行き側頭部に広がる。
分:後頚部で分かれたもう1本の支脈は、肩甲骨内側をめぐって、脊柱起立筋を通り、殿部、大腿後外 側を下り、膝窩中央「委中」で本経と合流する。さらに下腿後面を下り、下腿後外側、外果後方を通って足の第5指外側端至陰に至り、足少陰腎経につながる。腎をまとい、足太陽膀胱経に属する。 

足太陽膀胱経動マン

 

五要穴】

本穴:足通谷、原穴:京骨、募穴:中極、絡穴:飛揚、郄穴:金門

至陰 (井金)
足通谷(栄水)
束骨 (兪木)
崑崙 (経火)
委中 (合土)

胱経下合穴:委中、  三焦経下合穴:委陽
八会穴の血会:膈兪、  八会穴の骨会:大杼
四総穴:委中、八脈交の会穴:申脈、陽蹻脈の郄穴:跗陽、

 

 

 

二、生理作用
膀胱経の流注は頭の睛明から足至陰まで、州都之官,津液藏焉,気化出矣。 膀胱とは人体内に取り入れられた水分は、肺、脾、腎、三焦の働きにより、全身を巡った後、気化作用によって膀胱に集め貯まって、やがて尿となって排泄される。 最大の特徴は排毒生理作用があります。中国の銭湯では、よく背中の膀胱経に吸い玉たくさんやります。その目的は体の排毒です。 もう一つの排毒ツボは委中です、「腰背委中求」にも大事なツボだし、血が出す手法で、委中を排毒口でよく使います。

三、臨床症状
膀胱の特徴は、腎経と表裏、腎は先天の気である、腎に対して都である。人体水分泻下前に膀胱に溜まって、水に対して土に克、だから州の意味がある、人体水分は火によって気化になり、大地の清気は上昇して雲になり、雲が寒気にぶつかり、雨になり、天地陰陽水火相交。

膀胱は浄府、水府、玉海も言われます、津液を貯蔵して、気化して上に上昇して臓腑を潤い、腠里から出るのは汗で、下に尿になり体外に排出。功能は腎に属する。宣通気化,渗湿利水,温腎固浮。

膀胱経は十二正経の中に一番陽気昇発の経絡ですから、水なのに、太陽膀胱経と名前を付けられた。不通になると湿閉される。気化できなくなり、全て経絡に影響を与えるから、下腹部が痛くて、浮腫みになり、上に頭痛、肩コリ、首コリ、脱力などの症状が現れる。 寒湿痺、寒邪気、気滞血瘀によって寒がり、肩背部が痛い。 腎虚の場合は表裏関係の膀胱経に陽気に変更するエネルギー源は不足で陽気虚になり、気化不良、尿減少、浮腫みになります。

 

四、個人的臨床に使う穴

  • 委中:腰背痛,排毒、
  • 崑崙:高血圧、頭痛、腰痛、
  • 承山:生理痛、痔、
  • 金门:ぎっくり腰
  • 飛揚:慢性腰痛、

 

その他:
鼻炎花粉症:睛明、膀胱兪 
軽い痔など:承山、飛揚、崑崙
目が覚める:睛明
ぎっくり腰:金門
逆子のホットライン:至陰