経絡と臨床

東洋医学では、臨床上に陰陽五行の変化によって立証して、陰・陽、表・裏、寒・熱、虚・実を確認する上に、経絡とツボを組み合わせて、鍼灸推拿、漢方薬で治療を行います。腰が痛いから、腰に鍼で刺す、肩こりだから肩にお灸をすえることじゃなくて、腰痛になる原因によって、足に鍼とか、お灸をすえることもあります。
まだ、同じな腰痛でも、男女、季節も考量しなければなりません。

例えば、鬱【うつ】
最近は気分の落ち込み、不安感、浅い眠り、食欲不振、どんなことに対しても、興味がなくなった。知らずに一か月ぐらい経過していたら、うつ病の可能性が高いと考えます。
東洋医学の考え方は肝→心→脾→肺→腎の順番がありますが、気分の落ち込みによって脳の反応も変化され、食欲が落ち込み、体がボロボロになります。

うつ病の原因 
1 心理的なストレス(心気両虚)
2、脳内の変化(心腎陰虚)
3、なりやすい体質(心脾両虚)

うつ病の症状

①、心理的なストレス:過労や対人関係のトラブル、離婚や死別といった生活上の問題が原因となるストレスです。
②、脳内の変化:心理的なストレスがきっかけとなり、そのストレスで脳の働きのバランスが崩れることで、意欲・興味の減退、仕事能力の低下、抑うつ、不安な気分の働きで「感情」が生まれます。最近の研究では、ストレスを受けることで脳の一部の神経細胞の形に変化が生じ、それによって感情や考え方にゆがみが起きるのではないかと指摘されています。
③、なりやすい体質:さまざまな体の不調が現れます。体の不調としては、睡眠障害や疲労感・倦怠(けんたい)感、首・肩のこり、頭が重い、頭痛などがあり。
うつ病は、精神科や心理内科の専門医でも診断が難しい病気です。血液検査や画像検査などで何も異常が見つけることができません。結局、原因不明、様子を見る、安定剤、睡眠剤、胃薬など処方箋出すことが多いらしいです。

東洋医学では鬱の治療方法は、まず、日常生活にかけるストレスを緩和しなければならない。睡眠の質、腸内環境を整えることを最優先で考えます。特に胃脾の経絡からのアプローチで、ココロが感じる日常でのストレスをケアして、欲が少し出てきたら、腸と脳は互いにコミュニケーションを取って、心腎相交の良い循環に戻るため、ウツ病を治していきます。
ウツ病にはよく使う経絡は以下通りです。

手少陰心経手厥陰心包経足陽明胃経足太陰脾経

女性、膻中、気海
男性、命門、大椎、
寝る前に神門と三陰交を同時に5分ぐらいマッサージすれば、深い睡眠にとても有効です。
秋末、初冬頃、肺が弱くなり、手太陰肺経の原穴太淵も使います。朝3~5時頃、咳で目が覚める場合は、裏表関係で手陽明大腸経の合穴曲池を鍼しましょう。

不妊治療治療の場合
陰陽調和、気血順通のため
1. 任脈、衝脈、足厥陰肝経手少陰心経
2. 鍼灸兼用、中極、石門、中脘(梅花灸)関元、三陰交、血海、神闕(生姜の隔物灸)。

☆任脈、督脈、衝脈及び奇経八脈の八宗穴と不妊治療
1. 任脈、督脈、衝脈この三つの奇経は同じ胞中(女子胞 子宮)起こり、会陰に めぐっているから、一源三岐という経絡、生命の経絡とも言う。
2. 奇経八脈の八宗穴は十二正経で満ち溢れた気血は奇経八脈へ割り振られ奇経に蓄えられる。いつか、十二正経の気血が足りなくなければ奇経から補うことができ一つ一つの奇経が別々の銀行みたいな役割を担う。

任脈(陰脈の海)手太陰肺経の列缺ーー陰蹻脈(腎経の別脈)足少陰腎経の照海
督脈(陽脈の海)手太陽小腸経の後谿ー陽蹻脈(膀胱の別脈)足太陽膀胱経の申脈
衝脈(正経の海)足太陰脾経の公孫ーー陰維脈(各陰経の絡脈)手厥陰心包経の内関
帯脈(正経の束)足少陽胆経の臨泣ーー陽維脈(各陽経の絡脈)手少陽三焦経の外関

 

先頭へ