手少陰心経

臨床応用

一、気血流注

起:足の太陰脾経の脈気を受けて心中に起こり

絡: 心系に属し、横隔膜を下って小腸を絡む

分:心系より上行して咽を挟み目につながる。 肺に上り、極泉に出て、少海、神門を経て、少衝に至り、手の太陽小腸経に繋がる。

経脈の流注は大事なのは、経絡から経絡迄繋がる走行ルートだから、診察と治療には不可欠な知識です。

本経絡は胸の中にある心臓中より起こって、心系(心臓、大動脈)に属し、胸から横隔膜を貫いて下にいき、小腸を絡う。また、胸からは上に上がる経路もあり、心系より上って咽(ここでは咽頭や食道)を挟んで、さらに上って目につながっています。

手少陰心経動マン

 

【五要穴】 

本穴:少府、募穴:巨闕、絡穴:通里、郄穴:陰郄、

 

少衝(井木)
少府(栄火)
神門(兪土)
霊道(経火)
少海(合水)

 

 

二、生理作用

血脈の運行を主宰し、全身に血脈を運ぶことによって体に栄養を送っており、生命活動の中心であり。これは西洋医学での心臓の働きをイメージは似っている。 霊枢によれば、「心は君主の官、神明出ず舌に開竅する」、また「心は生の本、神の処なり」、心は胸中にあり、心包に包まれている。

三、臨床症状 また神明を主り情志思維活動の中枢である。心は神を蔵すから、心経の経穴名は神、霊という字が入っているのは多い。神門・神蔵・霊道・霊台・霊墟・青霊などがあります。 心経の反応は腎経にもかかわっていることがあります。心腎相交という、これは心経と腎経がともに少陰経であるからです。先ほどの神封や神蔵、霊墟などは腎経に属しています。

手少陰心経の経気流注によって、咽干,脇、腕、前腕、の内側疼痛,掌中痛み、熱も感じる。

陰腋消耗して、渴而欲飲。 心失所养:心悸,失眠,神志失常。心神不宁。 心の病証 :発熱、更年期症状、口渇、胸脇、心窩の痛み、上肢の心経部位の痛み、手掌の熱感。

四、個人的臨床に使う穴

(霊道、通里、陰郄、神門)1.5寸以内のものだから、鍼より棒灸の方がよく使います。 神門に鍼灸するときに、補法は常識です、側臥位、手掌側に屈曲5度で神門透労宮。 神門と青霊,極泉は日常診療でよく使う。

  • 神 門: 心臓疾患や精神疾患、腹痛、便秘
  • 青 霊: 喉、心胸部など痛み
  • 極  泉: 肩の疾患、精神不安
  • 少 海: 耳鳴り、難聴

その他:更年期障害には 少海、陰郄、神門、少衝、神〇、神〇つぼと弁用することもある

少衝、少府は救急療法として使われています

陰郄は胸の痛みに対して効果があり

火罐·(吸い玉)督脈に身柱から命門まで、心気虚にはとても有効。