手太陽小腸経

臨床応用

一、気血流注

起:小指末端(少沢穴)に起こり 絡:上腕後内側より肩の後から肩甲内側を循り、大椎穴で左右が交わる。缺盆に入り、膻中を通り、心を絡い、さらに下がって横隔膜を下り胃上脘・中脘につながったあと小腸に属する 分: 缺盆穴からわかれて頚を循り、頬に上り外眼角(瞳子髎)から耳中に入る。 またその支なるものは、頬からわかれて鼻から内眼角(睛明)に行き、足太陽膀胱経に連なる。

手太陽小腸経動マン

           【五要穴】

本穴:陽谷、原穴:腕骨、募穴:関元、絡穴:支正、郄穴:養老

少沢(井金)
前谷(栄水)
後谿(兪木)
陽谷(経火)
少海(合土)

二、生理作用

小腸は胃の幽門と大腸の回盲部の間にあり。胃から送られてきた水穀を受けて受(じゅ)盛(せい)、徐々に消化するのは化物(かぶつ)及ぶ清濁(せいだく)の三つの機能を持たせている。 東洋医学では、清(水穀の精微)を脾の作用で体内に取り込み営養を吸収する、濁(水穀の糟粕)を大腸に送るである。

三、臨床症状

耳鳴り、目が黄色、咽頭炎、中耳炎、扁桃体炎、寝違え症状、首が回旋困難、腰部捻挫、五十肩、寝違え、失眠、頻尿、下痢気味か、便秘など。
心経と表裏の関係で、症状は寒熱、虚実に分けられます。二便失禁がよく見られる。
下腹部が痛くて、腰部から睾丸まで痛くなるのは小腸経の病方が多い。
小腸経の寒邪は下腹部が重くて便血、熱邪は内痔にやすい。
小腸経の虚なら寒になり、腫れ感、頻尿。
小腸経の実なら熱になり、心下急痺、開口、舌に炎症、熱が上がったり、下げたりする。自汗、
イライラする、小便赤、出にくいなど。

四、個人的臨床に使う穴

  • 聴宮:耳痛や中耳炎に対して使用されています。
  • 天宗:胸痛や肩凝り、上腕の症状に対して用いることが多く。
  • 臑兪:上肢の神経痛やリウマチなどに効き、また、高血圧に対する名灸穴でもあります。
  • 少沢は気絶や失神の際の救急療法に用いられ非常によく効く経穴です。
  • 前谷:何度も繰り返す熱
  • 後谿:肺炎の予防の名灸穴とされています。
  • 養老:リウマチの患者さんなどにもよく使用されています。

その他:前谷、母乳不足
後谿(督脈)
養老透間使、目のいろいろな疾患
小海、臑兪、天宗、肩中兪、肩の疾患

手三関:陽谷から3寸腸関

    腸関から3寸肝関

    肝関から3寸心関

戻る↵